3月2日(土)、アイティメディアのセミナールーム(東京都千代田区紀尾井町3-12)にて「第3回 デジタル遺品を考えるシンポジウム」を開催します。時間は午後1時半から午後5時まで(開場は午後1時)、参加費は2000円となります。主催はデジタル遺品研究会ルクシーと日本デジタル終活協会です。

今回は「10年後も安心できるデジタル遺品の残し方を考える」をテーマに、形見としての側面も含めてデジタル遺品について考えていきたいと思います。個人情報の取り扱い方が世界的に変化し、国内ではキャッシュレス化の促進によってスマホの重要度がますます高まっています。そうした現状を踏まえつつ、デジタル遺品の現在地を多角的に捉えられればと考えております。

前回同様、フリーディスカッションが白熱するよう構成しますのでご期待ください。ご予約はこちらのページからお願いいたします。

アイティメディア様にシンポジウムの告知ページを掲載していただいたので、そちらもぜひご覧ください。