インプレス発行のシニア向け情報サイト「シニアガイド」の古田連載記事「ネットと人生」におきまして、10月の記事「デジタル世界は供養に向いているのか――瓜生大輔さんと考える」が掲載されました。

葬送や供養の場でデジタルが前面に出過ぎるとチープに見えてしまうことがよくありますが、その理由はどこにあるのか。長年「デジタル供養」に関して研究している東京大学の瓜生大輔さんを尋ねました。ご一読ください。

※記事の寄稿、講演のご依頼等がございましたらお気軽にご連絡ください。