リクルートが運営するビジネスパーソン向けサイト「アントレSTYLE MAGAGINE」にて、理事古田がインタビューを受けました。「自分の得意と時代のニーズを掛け合わせる。古田雄介が、デジタル遺品の専門家になった理由」という記事です。

子供の頃に死に興味を持って現在にいたるまでについて語らせてもらっています。ライターとして仕事している普段の立ち位置と逆で、とても新鮮な体験でした。ご一読ください。

※記事の寄稿、講演のご依頼等がございましたらお気軽にご連絡ください。