3月13日、ハフポスト日本版に古田理事が取材協力した記事「あなたが死んだらブログやSNSはどうなる? 「故人サイト」の専門家に聞いてみた。」が掲載されました。亡くなった方のサイトの行方について主に開設しています。安藤健二記者によるレポートです。

記事にもあるように、現在のインターネットのシステムは死後の相続や抹消などの手続きがスムーズではなく、生者による生者のためのシステムという色合いが濃くなっています。それを踏まえてインターネットと向き合えば、より建設的な使い方ができるのではないかと思います。ご一読ください。