パソコン整備士協会の会報誌『ADJUSTER 33号』にて、日本デジタル終活協会の伊勢田弁護士とともに古田理事がデジタル遺品について解説しています。