皆様のご協力のおかげで、第一回「デジタル遺品を考えるシンポジウム」(日本デジタル終活協会と共同開催)を無事行うことができました。本当にありがとうございます。

デジタル遺品はまだまだ実態が掴みにくく、ニーズを拾い上げるのも難しい状況ではありますが、今会も含めて、デジタル遺品について多くの人が考えたり語ったりする機会が増えていけば、自ずと扱いやすい存在になっていくと思います。

またきっと第二回を開催したいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。